映画や登場人物に合わせて様々な効果を出すことで実物の車以上にカッコ良く魅せています。

スクリーンにかっこ良く映る車の共通点と魅力的な撮り方

 

映画などで度々登場する車は実際に購入する事ができる市販車である事も多いです。

 

映画で登場する車は、普段街中を走っている車種とは違い、綺麗に映っていて
映画のストーリー性なども絡んでくる事でとても魅力的に魅せています。

 

映画イメージ

実際に映画に登場した事で人気が出る車種などもあり、
映画に登場してくる車はプレミアムが付く事もあります。

 

映画で登場する車種については、脚本家や監督・原作の作家などが
なにかしらのこだわり考えの中で採用されている事が多く、
その映画が作られる思いやこだわりを車から感じ取る事もできます。

 

 

スクリーンにカッコ良く映る車の共通点とは?

映画で登場して注目をあつめる車種にはいくつかの共通点傾向があります。

 

もちろん映画によっては独自性の強く他の映画の車との接点がすくない場合もありますが、
具体的な共通点について紹介していきます。

 

型落ちの車

映画に登場して話題になる車の多くが現行モデルではなく型落ちの車となっている事が多いです。その中でも特に多いのがクラシックカーで、元々プレミア価格で取引されているような車が登場する事も多くあります。

 

こういったケースでは、映画の製作に関わらず監督や脚本家などの好みで選ばれている事も多いです。

 

また、映画の中の時代を演出する為にも型落ちの車が選ばれる事は多く、世界観を出すためにも車の車種選びは重要なポイントにもなっています。

 

過去の時代の物語であれば、その時代にあった車種を採用されますが、未来の話であっても、型落ち車の中から当時は斬新なデザインで話題を呼んだ車が採用される事も多いです。

 

現行車を映画で使ってしまうと、現代というイメージが強まるので、未来の世界で登場する車種は一般的にあまり認知されていないようなマニアックな型落ち車が選ばれる事も多く、映画をきっかけに希少性が高いマニアックな車種が高騰する事も珍しくありません。

 

車に対するイメージがしっかりしている車

映画で使われる車では、登場人物のキャラクターの性格を引き出す為にその車種自体にイメージが強い車が採用されています。

 

例えば邦画など日本人目線の映画であれば、

  • トヨタのカローラだと一般的な大衆車
  • ベンツのセダンであれば高級車・金持ちが乗る車
  • 日産GTーRやフェラーリなどはスポーツカー・速い車
  • アウディやシトロエンなどであれば、少しマニアックな車好きが選ぶ車

などといった感じで登場人物の性格を車種で表せる、世間一般的なイメージが強い車種は映画で良く登場します。

 

ポンコツ感がある車

車はしっかり整備されている車でしたら、エンジンはスムーズにかかり、加速も減速も運転手の思うままに操縦できるものです。

 

しかし映画の中では、

  • あえて緊迫した場面で車のトラブルが出る
  • カーチェイスで性能の劣る車で必死に逃げる

など車の調子の悪さや性能の悪さを強調する場面も多く登場します。

 

こうしたシュチエーションでもよりリアリティを出す為に車の見た目や外観の型落ち具合で
適度なポンコツ感が出ている車が映画の中では人気車種になったりします。

 

不人気車

あえて、不人気車で有名な車種を好んで映画で使われる事があります。

 

普段周りの人で普通の感覚では中々買わないような不人気車は、身の回りで実際に買った人がいたら、「なんであんなメーカーのあの車種を買ったんだろう」と周りから噂をされたりセンスを疑われたりします。

 

こうしたイメージが強い不人気車は登場人物の個性を引き立てる役割もあり、よく売れている定番の車よりも、世間の評判や販売実績が悪い不人気車の方が映画に強いインパクトを与える事もあります。

 

毎日使う家電は、販売実績や不人気なものではなく、後悔しないモノを選びましょう!世界シェアNo.1を誇る人気家電のハイアール評判はこちらです。

 

 

車にインパクトのある映画はこちら!

 

 

魅力的な撮り方

 

映画では車の魅力を引き立てるような撮り方をする事で、車の印象をより強くしています。
魅力的な撮り方の一例を紹介します。

 

車の振動を大きく出す
映画の場合は車を運転している印象をより強く出す為に、必要以上に車の振動で車内が揺れる様子をだしている事があります。

 

 

車と人のバランスを変える
主に実写ではなくアニメなどの映画で取り入れられる手法です。

車の大きさに対して登場人物を大きく描いて窮屈な印象を与えます。
車よりも人のバランスを大きくする事で車に可愛らしさや愛嬌が出る効果や車内の登場人物が際立つ効果があります。

 

 

夜のシーンで残像を付ける
車は夜のシーンですとヘッドライトやテールライトのあかりを強調する為に若干残像を残すような加工をする事があります。

臨場感があるシーンでは、極端な残像を残したり、スピード感を出す為にほどよく残像を残すような手法があります。

 

 

低い位置から取る
車の迫力をより大きく出す為に地面スレスレなど低い位置から車を撮ります。

日常的に車を撮影する時にも応用できる手法でもあります。

 

 

ツヤを出さずに余計な汚れは落とす
映画で車を綺麗に魅せるには光沢が強いツヤが出すぎていると綺麗に映らない事もありますし、車がピカピカ過ぎると違和感が出てしまう事もあります。

ですが日常感を出す為に汚れが目立っても映画自体が雑に見られてしまう事もあります。
こうした映画の撮影で良く使用されている車の状態は汚れを落として綺麗な状態にしつつも、ツヤをあまり出さないコーティングなどで仕上げます。
本来はメタリックカラーの色でもソリッドカラーのような印象を出すイメージで外装の状態にも強いこだわりを持って映画は撮影される事もあります。