定番の超高級車からスポーツカー、クラシックカーまで多彩なジャンルの車が随所に登場します。

60セカンズ

 

60セカンズの画像

60セカンズは2000年に公開されたニコラス・ケイジ主演のカーアクション映画です。

 

元々は1974年の公開されたバニシング in 60という映画のリメイクで、60秒あれば、あなたの車は盗まれて走り去られている。という意味を持っています。

 

 

見ているだけでも楽しい60セカンズ登場の超高級車

60セカンズはプロの窃盗グループを描いていて、定番の超高級車からスポーツカー、クラシックカーまで多彩なジャンルの車が随所に登場します。

 

映画の中に出てくる車の一例を紹介します。

 

ロールスロイス・ストレッジリムジン

長くてセキュリティー環境が整った場所で保管されているリムジンも映画の中では簡単に盗まれてしまいます。

 

ポルシェ

高年式のボックススターや996からクラシックカーのスピードスターまで様々な魅力を持ったポルシェが登場します。

 

シェルビーGT500(フォードマスタング)

映画の中で登場した車両がオークションにかけられ、なんと日本円や約1億円で落札されました。

 

シボレー コルベット

映画の中で登場するのは1953年式です。そのほかにもベンツ300SLやフォードサンダーバードなど1950年代のクラシックカーが多数登場します。

 

レクサス/インフィニティ

アメリカでの高級車の窃盗がテーマなので日本メーカーからは海外向けブランドでの登場が目立ちます。インフィニティーQ45やレクサスLSなども窃盗のターゲットになります。
この辺りの90年代の車種は今では中古車で安く買えるのも魅力です。

 

トヨタ ランドクルーザー

日本国内では、盗難率が高いことで有名な車種ですが、映画の中でもしっかり抑えている点がリアリティを追求して作られた印象です。

 

 

60セカンズの見所

60セカンズは当時、無名女優だったアンジェリーナジョリーがヒロインをつとめた出世作で、今の時代に振り返っても豪華なキャストでお金のかかった映画です。

 

窃盗団は一晩で高級車をなんと50台も盗むという荒行をし、最後はそれまでどうしても盗めなかった伝説の車の窃盗に挑むという車好きでなくてもワクワクしてくるようなストーリーです。

 

カーアクションも豪快で、庶民には手に入らないような高級車を次々に手に入れていく姿は、悪者を主人公にした映画ではありますが、見ていて爽快感があります。